「指導死」 大貫 隆志 (著, 編集), 武田 さち子 (著), 住友 剛 (著)

「指導死」とは、いじめとも、家庭の悩みとも無関係な子どもが、学校での「指導」の後に自殺する事件のことです。
体罰だけでなく、「言葉の暴力」でも追い詰められ、自尊感情をずたずたにされ死を選んだ子どもたち。
子どもの自殺を、学校での懲戒、指導の仕方とともに述べられています。

《詳細はここをクリックして下さい》

「教育委員会の真実」 角田 裕育 (著)

何か学校で問題があれば教育委員会が解決してくれると思ったら、実は教育委員会がいじめ・体罰や教員不祥事に関係していた。」という驚愕の事実について述べられています。
教育委員会の仕事の内容がわかります。
教育委員会、学校および教師との関係がわかります。

《詳細はここをクリックして下さい》

「ブラック校則 理不尽な苦しみの現実」 荻上 チキ (著, 編集), 内田 良 (著, 編集) )

子どもたちの理不尽な苦しみが、子どもたちの、そして社会の未来の足かせとなっている。その現状を、どのように変えることができるのか。
2017年の裁判をきっかけに発足した「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」による詳細な統計データや苦しむ子ども・保護者の声のほか、司法・貧困・トランスジェンダーなどの多様な論点、
そして保護者・教師自身からみた校則の問題など、多様な論点からブラック校則の現状と、その解決策を探る。

《詳細はここをクリックして下さい》

「問わずにはいられない―学校事故・事件の現場から (手のひらの宇宙books) 」 田原圭子 (著)

この本は、傷つけられた子どもと親との合作です。私たちに多くのことを伝えてくれています。
そのとき子は、親は、どんな思いを抱くのか。被害をどのように受け入れ、どう戦えばよいのか。
刻々と変わる思いと、時間を経ても変わらぬ思い。専門家たちでさえ知らない、たくさんの教訓や知恵があります。あふれる愛と深い哀しみがあります。

《詳細はここをクリックして下さい》

「新しい学校事故・事件学」 住友 剛 (著)

v 学校における重大事故・事件発生後の学校・教育行政と被害者家族・遺族との関係の「ズレ」や被害者家族・遺族からの問題提起をふまえて、重大事故・事件の事後対応と再発防止のあり方を考える。

《詳細はここをクリックして下さい》 ">《詳細はここをクリックして下さい》

「大津中2いじめ自殺 学校はなぜ目を背けたのか (PHP新書) 」 共同通信大阪社会部 (著)

子どもたちは知っていた……。

「自殺の練習をさせられていた」――生徒たちの埋もれかけていた証言から事件は発覚した。
いじめと自殺の因果関係を認めず、調査を打ち切った市教委の対応は、社会問題となった。
事務作業や保護者対応に忙殺される教師たち。連携さえとれない現状で、はたして子どもの異変を察知することはできるのか。
子ども1人に孤独を背負わせる世の中であっていいのか。
私たちはいま、彼らのために何ができるのか――。

《詳細はここをクリックして下さい》

この記事の1行目に飛ぶ
前
教育機関発行資料
カテゴリートップ
先頭ページ
次
リンク