「指導死」 大貫 隆志 (著, 編集), 武田 さち子 (著), 住友 剛 (著)

「指導死」とは、いじめとも、家庭の悩みとも無関係な子どもが、学校での「指導」の後に自殺する事件のことです。
体罰だけでなく、「言葉の暴力」でも追い詰められ、自尊感情をずたずたにされ死を選んだ子どもたち。
子どもの自殺を、学校での懲戒、指導の仕方とともに述べられています。

《詳細はここをクリックして下さい》

「教育委員会の真実」 角田 裕育 (著)

何か学校で問題があれば教育委員会が解決してくれると思ったら、実は教育委員会がいじめ・体罰や教員不祥事に関係していた。」という驚愕の事実について述べられています。
教育委員会の仕事の内容がわかります。
教育委員会、学校および教師との関係がわかります。

《詳細はここをクリックして下さい》

この記事の1行目に飛ぶ
前
教育機関発行資料
カテゴリートップ
先頭ページ
次
リンク